ドッグフードは本当に安全?

市販のドッグフードの多くには、最低な品質の肉類が使われているという現実があります。そのため、高価な商品であっても、愛する飼い犬に安心して食べさせられるドッグフードを求める飼い主が増えています。

犬用の食肉の値段は極端に安くなっている

毎日のように、人間は牛肉や豚肉などを料理して食べています。人間が食べるお肉の値段は、安いスーパーの特売品であっても、100グラムが70円〜200円ぐらいはするのが普通です。

ところが、犬たちが食べるドッグフードに含まれている食肉の値段は、100グラムで10円ぐらいのものが多くあります。この極端な安さは、何を意味しているのでしょうか?

危険な添加物などが含まれたドッグフードも多い

実は、犬たちが食べるお肉には、添加物などの規制が作られていません。そのため、発ガン性などが疑われる危険な添加物もわりと使われている可能性が高いでしょう。

さらに、犬用のお肉の品質は4Dと呼ばれる最低なものです。たとえば、病気で死んだ動物の肉や障害を持っていた動物の肉などのことを指しています。実際のところ、殺処分された犬たちの肉が含まれていることもあるようです。そんな最低レベルの肉類が入っているドッグフードを、愛する飼い犬に食べさせたくはないですよね。

高価でも安全なドッグフードを愛犬には食べさせたい

ペットショップなどで販売されているドッグフードは、ほとんどが胸を張って「安全である」とは言えないものばかりです。それを知れば、安く売られている市販のドッグフードは愛犬に食べさせたくないですよね。

少しぐらい高価であっても、安心して大好きなワンちゃんに食べさせられる商品を探しましょう。今では、飼い犬たちのガンでの死亡率も増えていますから、これはとても深刻な問題となっています。

愛犬の健康を守るためには、エサを買う飼い主たちが賢くなければいけません。一般的な市販のドッグフードは本当に安全かと聞かれたら、そうとはいえないという現実があるからです。

愛犬を長生きさせたいなら健康管理とアンチエイジングを学ぼう

ワンちゃんを愛する飼い主たちは、いつまでも愛犬が健康で長生きしてほしいと思っているでしょう。それを実現するためには、若い時からしっかりした健康管理をしてあげるのがおすすめです。

食事や野菜についての愛犬の健康管理とは?

なるべくワンちゃんに長生きしてほしいなら、日頃の食事は気を付けてあげた方がいいですね。時々、可愛い顔をして食べるのを見たい、などの理由で際限なく餌を与える飼い主がいますが、これは肥満につながります。

愛犬も人間と同じように意識的に健康管理をしてあげなければいけません。ドッグフードの中味は、栄養のバランスを考えて与える必要があります。たとえば、ビタミン類や食物繊維などはきちんと摂取させた方がいいでしょう。犬が食べても大丈夫とされる野菜があれば、習慣的に食べさせてあげるのもいい方法です。

愛犬の健康管理のために運動も取り入れよう

散歩に出かける習慣は、愛犬の運動不足や肥満を予防する効果があります。やはり、毎日のように外にワンちゃんを連れ出してあげた方がいいですね。ゴールデンレトリバーのような大型犬の場合は、朝夕2回の散歩をそれぞれ30分ずつ行うのがおすすめです。

チワワのような小型犬の場合は、家で走りまわっていて運動量は足りていることが多いでしょう。しかし短い時間でもいいので、やはり外に連れ出してあげた方が日光に当たれるといったメリットが出てきます。適度に運動をさせてあげることで、愛犬は健康的に生きられる可能性が高くなるでしょう。

ワンちゃんのアンチエイジングについて

実は、人間が高齢化したのと同じように、ワンちゃんも以前より長生きするようになってきています。人間に飼われている犬たちのおよそ30%が10歳以上の年齢を経ているというデータもあります。そして小型犬よりも大型犬の方が老化の進みが早いと言われるので注意が必要です。

いつまでも愛犬が若々しくいられるように、敏感な嗅覚を使った遊びをさせてあげたり、栄養のバランスが取れた食生活をさせてあげる必要があるでしょう。ビタミン類の多い果物を食べさせたり、サプリメントを使って足りない栄養素を補えるようにしてあげるのもいいですね。

さらに、ノミなどの害虫が愛犬の体にはびこらないように注意してあげるのも健康管理の一つです。いつまでも愛するワンちゃんが若々しくいられるように、アンチエイジングについても勉強しましょう。

Comments are closed.